ウィリーバグのてんとう虫。1歳さんから楽しめます!

むすめの1歳のお誕生日プレゼントに、ウィリーバグのてんとう虫を購入したわたし。

第一子のはじめての誕生日ということもあり、何をプレゼントしたらよいか分からず、わたしはかなり迷いました。

1歳のこどもはまだおしゃべりできないので、自分の欲しいものを言ってはくれません…

こどもが楽しめて、心身の発達にも役立つような、月齢にあったおもちゃってなに!?

迷いに迷いました(笑)

迷った結果、乗用玩具(足けりタイプ)をプレゼントすることに決めました!

その中から『ウィリーバグ』のてんとう虫を購入。

ウィリーバグは見た目がかわいい上に性能も良く、満足できるプレゼントになりました。

この記事では、ウィリーバグのレビューを詳細に書いていますので、購入前にぜひ読んでみてくださいね!

ウィリーバグは乗用玩具です

乗用玩具とは、お座りできるようになる1歳ごろから遊べる、乗り物タイプのおもちゃのことです。

コンビカーという呼び方もされるようですね。

しっかりお座りでき、ハンドルを握ることができるようになれば、乗用玩具にも乗れるようになります

車をモチーフにしたもの、アンパンマンなどのキャラクターものなどいろいろありますが、大きく分けると①足けり②電動の2種類に分かれます。

  1. 足けり・・・自分の足で蹴って動く。バランスや足の筋力が必要。
  2. 電動 ・・・充電式。本物のような作りのものが多く、リモコン操作可能なものも。

足けりタイプの中には、手押し車と一体化したような持ち手がついているものや、手押し車が変形(!)して乗用玩具になるようなものもあります。

ううう、種類がおおすぎて迷っちゃう・・・

ウィリーバグを選んだ理由

おうちを公園化しよう!

カラフルな遊具のある公園

ことの発端は、わたしが家の中を公園化しようと考えたところから始まりました。

実は、むすめが6ヵ月ごろに夫がうつで倒れてしまったんです…

うつになった夫は、気軽に外出できない状態になっていました。

今思うと過保護かな~と思うのですが、調子の悪い夫を家にひとりで置いていくのがなんだか心配で、わたしも外出しにくくなってしまったんですね。

気軽に公園に行けなくなってしまったわたしとむすめは、自宅中心の生活をしていました。

なので、せめて室内でも身体を動かせるようなおもちゃが欲しいなぁ…と考えたわたし。

おうちを公園みたいにすればいいんじゃない!?と思いついて、相応しいおもちゃを探すことにしました。

公園といえば…

公園といえば、『滑り台』『ブランコ』『ジャングルジム』『砂場』『バネのついた乗り物(スプリング遊具)』などが思い浮かびます。

ネットでおもちゃを検索したわたしは、

  • 室内用ジャングルジム
  • 乗り物タイプのおもちゃ
  • 室内用砂遊びセット

などを候補に考えましたが、ジャングルジムがかなりスペースを取る様子。

しかし、ブランコや滑り台と一体型のジャングルジムは公園化の要。

はずせません!

スペースを考えて、とりあえず室内砂場を断念。

身体の発達をメインに考えて、ジャングルジムと乗り物おもちゃを購入することに決めました。

ほんとはお砂場も欲しかった…

ちょうど、実家でむすめのお誕生日プレゼントの話題になり、室内用ジャングルジムは祖父母にプレゼントしてもらうことに。

というわけで、わたしは乗り物おもちゃを探すことになりました。

1歳頃のプレゼントといえば、手押し車もよく候補として挙げられるようでしたが、

  1. むすめは10か月からよちよち歩きをしていたので、手押し車だと寿命が短そう
  2. 手押し車を押して歩く動作と、自然に歩く動作が違った動きになることが気になった

この2点を考えて、手押し車はわが家には必要ないな…と判断。

足けりタイプの乗用玩具にしようと決めました。

結局、見た目重視で選びました

プレゼントに迷う人形

というわけで、足けりタイプの乗用玩具に決めたわけですが、それでも種類はとってもたくさんあります。

キャラクター物も考えたのですが、むすめは特にどのキャラクターにも興味がない様子。

なにがいいのかよくわからん!

そろそろ探し疲れたなぁ…と思った頃にネットでウィリーバグに出会い、その可愛さに一目惚れ!

よくある乗用玩具よりお値段が高いなぁ…と思ったので、お値段分の価値があるかどうかを確かめるために口コミを読み漁ると、

  • おしゃれな雑貨のようで、家の中に出しっぱなしにしても気にならない
  • タイヤの動きがスムーズで小回りが利く
  • 頑丈で木のぬくもりがあって上質感がある

などの記載を発見。

購入した先輩方の満足度は高そうです!

これはいいかも!と思った私は、てんとう虫のデザインを選んで購入しました。

はじめての誕生日だったので、奮発しちゃいました

ウィリーバグ(てんとう虫)の詳細レビュー

わたしは完全に見た目から購入しましたが、ウィリーバグは口コミ通りかなり優秀なおもちゃでした。

お値段が高めなので二の足を踏んでいる方、ぜひ参考にしてください♪

商品情報

まずは、商品の情報を記載しておきます。

メーカー:Wheely Bug
素材  :PU樹脂/合板/アルミニウム/鉄/PA樹脂
本体  :Sサイズ
     W23×D38×H30cm
     Lサイズ
     W28×D46×H31cm
重量  :Sサイズ  2.0kg
     Lサイズ  2.6kg
対象年齢:Sサイズ  1~3歳
     Lサイズ  3歳~
生産国 :中国

ウィリーバグはオーストラリアのメーカーの商品で、世界30ヵ国で販売されているヒット商品のようです。

動物の種類は、『てんとう虫』以外に『うし』『みつバチ』『ねずみ』『とら』があります。

オーストラリアのWheely Bugの公式サイトでは『ぶた』の写真も載っていました。

日本での販売代理店は『パパジーノ』。価格は、Sサイズで1万円前後、Lサイズは15000円くらいです。

Best Australian Toy Winner(大賞)に2000、2001、2003そして2005年の4回、日本国内では、06年春インターナショナルギフトショー輸入品コンテスト準大賞を受賞しています。

デザインがよく、性能もよいので納得です!

しかし、オーストラリアで作られているわけではなく、アメリカ資本の中国の工場にて生産されているとのこと。

中国製と聞くとついつい心配しちゃうのですが、ヨーロッパ安全基準CEに適合しているので、その点は安心ですね。

 実物はこんなかんじ

わが家のウィリーバグは『てんとう虫』のSサイズです。

見た目は写真のとおり、バネでできている目玉(触覚?)がキュートなてんとう虫です。

底辺は木製手すりや座面はフェイクレザーで覆われています。

全体的になめらかな曲線のデザインで、角などはありません。木製の部分もすべて滑らかに処理されています

触り心地はすべすべとしていて気持ちがいいです。

汚れてもさっと拭き取れるので、我が家のてんとう虫はあまり使用感がありません。

おしりから見るとこんな感じ。

座面は、クッションがしっかり入っていて、座り心地がよいです中身はポリウレタンのスポンジのようです。

足回りの写真がこちら。

このタイヤがなかなか優秀で、360度スムーズに回転するんです!

フローリングの上でもカーペットの上でも、スムーズに動いています。

夫(75kg)が娘に乗り方を教えるためにちょこちょこ乗っていたのですが、大人が乗ってもするするとスムーズに動きます

夫が何度も乗っても、壊れたりぐらついたりもしていないので、強度も十分だと思われます。

一応25kgまでの使用制限になっているようですが、本家のHPをみたところ、タイヤ一つで30kgで合計120kgまで耐えるようです。

あと、見た目より案外軽いです。むすめは2歳頃からウィリーバグを片手で持ち上げて運んでいます。

耐久性は?

わが家のウィリーバグは、3年間の使用で特に劣化はありません。

使用感もあまりないです

ですが、口コミを読んでいると、

  • 3兄弟で使用していて、座面の合皮が劣化してきている
  • 7年前に購入し、座面の人工合皮がぽろぽろとはがれてしまっている

などというコメントを発見。

座面のフェイクレザーが時間経過とともに劣化していくようです。

フェイクレザー(ポリウレタン)について調べてみると、東京都クリーニング生活衛生同業組合さんのHPに

ポリウレタン素材は衣服以外に車のシートやソファなどでも使用され、そうしたものに対しては経時劣化を防いだり、遅らせたりする加工を施していますが、衣服では製造されてから通常2年から3年の寿命とされています。

と書かれていました。

フェイクレザーは、太陽光線や空気中の水分で徐々に分解(劣化)されていくんですね!

確かに、合皮のかばんって、長く使っているとぽろぽろと剥がれてきますもんね…

ウィリーバグは衣服ではないのでもうすこし耐久性があるようですが、口コミからみても5年以上経つとやはり座面は劣化してしまうようです。

逆に、足回りの故障を書いた口コミはありませんでした。

サイズはSとLとどちらがいいの?

Sサイズは1~3歳、Lサイズは3歳~が対象年齢になっています。

わが家では、むすめの1歳の誕生日プレゼントに購入したのでSを選びました。

参考までに、わが家の子供たちとウィリーバグのSサイズの大きさの比較写真をのせてみました。

4歳・1歳・0歳の子供とウィリーバグの大きさを比較した写真

Sサイズのサイズ感は、

  • 4歳のむすめはぎりぎり乗って遊べているが、これ以上大きくなるときつそう
  • 1歳9ヵ月(写真右)ごろがサイズ感的には一番しっくりくる

といえます。

口コミといえを見ていると、Lサイズは7歳くらいでも乗れるとの記載がありましたので、2~3歳くらいで購入を考えておられる場合はLサイズのほうが長く遊べそうですね。

騒音は?マンションでも大丈夫。

わが家はフローリングですので、カラカラカラと小さめの音がなります。

椅子のキャスターがころころいう感じです

大した音量ではないので階下への影響は少ないと思います。

ちなみに、ジョイントマットの上ではほぼ無音です。

床の傷はつく?

床の上に補修グッズがひろがっている

タイヤが360度回転するためか、ウィリーバグで遊んでいて、床に傷がついてしまった!!と思ったことはありません。

急に止まったタイミングなどに多少傷がつくことはあるかもしれませんが、わが家では普通に生活している中でもすでに傷がついてしまっているので、ウィリーバグのせいで傷がついてもわからないと思います。

ちなみに、口コミでも「うっすら傷がつく」「傷はつかなかった」というような記載が多く、ほかのお家でもそこまで傷は気になっておられないようです。

1歳でちゃんと乗れた??

はじめは全然乗れませんでした…

支えてやればなんとか座れるのですが、手すりを持てば身体が安定するという事もわかっていない様子。

なんとなく怖かったようで、乗るのは完全拒否でした。

ただ、カラフルで大きなおもちゃなので、気に入ってはいたようです。

テントウムシの目の部分をびよよ~んと弾いて遊んでいました。

しばらくして、ひとりでてんとう虫にまたがるようになりましたが、またがってみては自慢げな顔をしてから降りるの繰り返し。

1歳半頃にようやく足で漕ぎ出し、2歳には自由自在に動き回れるようになっていました!

ウィリーバグの特徴【OT視点】

ウィリーバグの特徴について、作業療法士的な視点ですこーし解説してみたいとおもいます。

作業療法士(OT)とは→こころと身体のリハビリテーションを行う医療職。わたしの本職です。詳しくはるあのプロフィールへどうぞ☆

実は、ウィリーバグがほかの乗用玩具と大きく異なる点がひとつあります。

それは、座面が平らでないというとことです。

一般的な乗用玩具は座面が平らですが、ウィリーバグの座面は丸くなっています。

座面が平らだと座る姿勢が安定しやすいのですが、ウィリーバグの座面は丸くなっているので、座る姿勢が安定しにくいんです。

座っている姿勢が不安定だと、姿勢を保つことに必死になるので、なかなか身体を自由に動かせません。


大人で考えると…平均台の上に立って食事をする、みたいな感じかも!?

このことから考えると、ウィリーバグはほかの乗用玩具より乗りこなすのが難しいということになります。

乗りこなせる月齢が高くなってしまう反面、身体の発達をより促すことができるとも言えます。

ウィリーバグのおすすめ&いまいちなポイント

おすすめポイント

おすすめポイントは以下の4点です。

  1. デザインがとっても可愛い
  2. 動きがスムーズ
  3. 安心して室内遊びさせられる
  4. つくりが頑丈

デザインの可愛さ

まるっこいフォルムといい、カラーリングといい、ハイセンスかつキュートな北欧家具のようです。

カラフルですが色合いは落ち着いていますし、ちょっととぼけたデザインが最高!

見ているだけで癒されます♪

動きがスムーズ

車型の乗用玩具だと、タイヤが側面についていてタイヤ自体の動きが制限されているため、子供が自由自在に動かすことが難しいです。

その点、ウィリーバグは底面に360度回転するローラーがついているので、簡単に思った方向に進みます。

小回りが利くので、室内でストレスなく遊ぶことができます!

すいすいと思った方向に進めるのが楽しいようで、むすめは狭い室内をものともせずに走り回っていました。

安心して室内あそびさせられる

走行音が小さいこと、床を傷つけにくいことで、マンションなどの集合住宅でも安心して遊ばせることができます。

せっかく購入したのに、階下への音を気にして思い切り遊ばせられないなんて、悲しいですからね…

作りが頑丈

購入して3年経ちますが、ほとんど手入れしていないのに使用感はないですし、足回りもスムーズなままで全く壊れる気配はありません。

かなり頑丈です!

少し値段はお高いですが、わたしとしては買ってよかったな~と思える、大満足のおもちゃです。

じゃあ、いまいちなところは?

いまいちだと思うポイントはこのふたつです。

  1. 座面の劣化がおこる
  2. 乗りこなせるようになるのがおそい

座面の劣化

わが家のように3年程度の使用だと全く問題ないのですが、5~6年も使うと座面のフェイクレザーが劣化してしまうようです。

素材の性質上仕方ないようですが、これは残念でした。

長持ちするのに越したことはないですよね

乗りこなせるようになるのがおそい

発達を促せるのは利点ですが、せっかくなら長く遊べたら…と思っちゃいますよね~

ただ、子供が喜ぶフォルム・色・しかけ(触覚)があるので、おもちゃとしてはちゃんと役立ちます。

もうすぐ9ヵ月のむすこは、ウィリーバグをみつけるとハイハイで寄っていき、目玉(触覚?)を指でつついたり、くわえてみたりして楽しんでいます。

追記

Instagramをみていたら、こんな動画をちらほら発見!

うちの子はあんまりしませんでしたが、ウィリーバグを押して遊ぶ子がたくさんいるようです。

かわいいお尻にうっとりですね…

ウィリーバグ、見た目だけでなく性能も抜群でした

ウィリーバグのレビューをお送りしました。

ネットで一目惚れして購入したのですが、実物もほんとにほんとにかわいいです。

見ているだけでうっとり。

インテリアとして置きたいくらいです

座り心地もよく、うちの娘はカーペットの上でもフローリングの上でも、ガンガン乗り回しています。

見た目の可愛さが目立ちますが、子供にも乗りこなしやすく、乗用玩具としての機能も素晴らしいです

すこし値段が高めですが、買って後悔はありません!

出産祝いなどのプレゼントにも喜ばれると思いますので、レビューを参考にしていただければ幸いです♪

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事